週 末 自 転 車 日 記 2

せめて人並みに。楽しく楽しく♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BRM914八ヶ岳400

BRM914八ヶ岳400
晴れ。今年初ブルベ
写真 1

スタート~PC1
マイペースを心がける。知り合いもいなかったので一人のんびりと。
写真 2

籠坂峠が辛いけど先は長いので頑張らない。
写真 4

明るいうちに麦草峠を登り切ることがポイントと思っていたので
PC1は休まずスタート。
93.4km 獲得標高1513m

PC1~PC2
気温は暑くならない予報だったので日焼け止めは塗らなかった。
しかし暑くなった。後悔。。。。
写真 3

日焼けのせいか猛烈に体がダルイ。20号線の排気ガスも苦痛。
今回もPC以外では休憩する予定はなかったんだけど水がなくなったので
白州のローソンでガリガリ君休憩。
時期的にも日差しがでると暑くなる。今後は日焼け対策は怠らないようにする。
BRM914(5).jpg

水の飲み過ぎで胃の調子が悪い。サンドイッチを無理やり詰め込んだ。
BRM914(6).jpg
161km 獲得標高2597m

PC2~PC3
なんとか日没前に麦草峠をクリアできそうだった。
BRM914(7).jpg

しかしもう脚がない。20kmで1000mのぼる平均勾配は5%程度。
いつもなら大したこと無いはずなんだけど非常に辛かった。
気持ちが何度も折れて残り5kmは1km毎に脚をついた。
BRM914(8).jpg

「1km走ったら30秒休憩」これで意外と頑張れた。
長い目標ではなく短く刻んだ。負けそうなときはこれありかも。
BRM914(4).jpg

大して寒くないだろうとウィンドブレーカーだけ羽織って下った。
写真

大失敗。下りきる頃には低体温症になるかと思うくらい体が冷えた。
下ってるうちに汗も冷える。基本。
BRM9143 (2)

とりあえず大ボスクリア。あとは家に帰るだけ。
19時だったので娘に電話した。
「おやすみなさい。これから家に帰るよ」
208.5km 獲得標高3776m

PC3~PC4
この辺りで気がついた。
なぜ行きも帰りも登りだらけなんだ??
というかこのコース。上りと下りしかなくね?
平地巡航した覚えないんですが??
でも脚がなくなったのが幸いしたのかよくまわる。
上りが苦では無くなった。
気持ちに余裕ができたのかふと夜空を見上げた。
BRM9143 (3)

満天の星空だった。感動した。
PC4になんとかついたけど固形物が食べられない。
豚汁はスープだけ。コーヒーも飲めないのでほっとミルクティー。
BRM9143 (4)
こんなのでゴールできんのかよ。
258.3km 獲得標高4663m

PC4~PC5
PC2~4で食いつぶした貯金を一気に取り戻せる区間。
下り勾配も5%くらい(?)でちょうどいいし見通しもいい。
これでこそ登ったかいがあるもんだとニンマリ(笑
難なくPC5に到着。
固形物食べなきゃとは思うんだけど多分入らない。
ここまでも何度も吐いてる。もう胃に何もないから出ないんだけどね(笑
リポD飲んでカフェイン注入。
残り100km。少し寝るか行くか悩んだけど停まったら動けなる。
いつもだったら午前中で終わる距離。娘に帰るって言っちゃったし。
BRM9143 (5)
304.5km 獲得標高4808m

PC5~Goal
PC5から精進湖ブルーラインに合流するまでの登りは勾配も緩やかで余裕。
20km/hで走れる。問題は合流してからトンネルまでの5kmで10%弱が続く。
刻んで走る作戦とも思ったけど調子がいいので登り切れた。
飛ばして走るトラックが多くて怖かった。
ずっと下を向いて登ってたら猛烈な眠気が襲ってきた。
トンネルの入り口についたときに10分ほど自転車をおりて休憩。
寄りかかって目をつぶってたら通り過ぎる車が速度を落として見ていった。
大丈夫。スカスカだけど生きてる(笑
ここまでの登りで暑かったからウィンドブレーカー脱いでたけど
気温も下がってきたので上だけ雨具と冬用グローブ装着。
丑三つ時。青木ヶ原樹海。怖い。非常に怖い。怖すぎて後ろを見られない。
トラックが猛スピードで走り抜けていく。
轢かれて樹海の奥に捨てられたらみるかるかな。とか考えながら下を向いてはしる。
眠気も限界がきて富岳風穴前で再び休憩。10分アラームをかけてベンチに横になった。
時間的にはだいぶ余裕があるんだけどしっかりと寝ようという気になれない。
下り基調で山中湖到着。さて、残りはラスボスのみ。
ってGPSで確認。2kmしかない。のんびりとラスボスクリア。
BRM9143 (1)

後はgoalまで下るのみ。でも気を抜かないように。
須走口につく頃にはすっかりと周りが明るくなった。
BRM9141.jpg

「ここに戻ってこれた。」素直に嬉しかった。
気持ちの中でカウントダウンが始まった。
30km、20km、10・・5・・・
最高難易度のブルベでも終わりは寂しいと感じた。
「まだ俺は走れる」「もっと乗りたいのに」
そう思いながらゴールした。
スタッフの皆さんが笑顔で迎えてくれた。
足をついた瞬間さっきまで考えていたことが間違っていたことに気がついた。
「もうこれ以上走れない」
BRM9142.jpg
402.7km 獲得標高6144m

初めての400kmがこうして終わった。

僕は今年はこれ一本になりそうだ。
春先のブルベが雪で流れたからだ。
10月も無理かな。家の用事優先だからね。
だからこれに向けて出来る限り努力した。
だからゴールできて素直に嬉しい。

次に向けてまたがんばろう。
スポンサーサイト

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。