週 末 自 転 車 日 記 2

せめて人並みに。楽しく楽しく♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本』 神々の山嶺

HI3A0055.jpg


前から読みたかった本でした。

【神々の山嶺】

読み終わりました。
中古を探しましたが見つからないので結局買いました。
図書館って手もあったんですが、空いた時間もあまりないので
まぁしょうがなく。

無知なんでしょうが夢枕獏という作家の小説は初めて読みました。

★感想★
暗い。
登場人物たちがストイックって言うんですかね?
違うなぁ・・・・説明しにくいなぁ~

感情移入できなかったせいかクライマックス部分を読んでも
気持ちの盛り上がりもなく読み切りました。

僕がかなり捻くれているのでしょうが
『作者の自己満足』的な作品というのが正直な感想。
あとがきの一文。
「これだけの山岳小説は、もう、でないだろう。どうだまいったか」
ん~・・・・まいった。

決してこの小説がおもしろくないと言うわけではありません。


が、


暗い(笑

コメント

微妙だw

最近、本読んでないなぁ...

あっ、入院中に白虎さんが持ってきた本読んだんだった!

  • 2008/10/01(水) 19:25:18 |
  • URL |
  • ウラネーム #mQop/nM.
  • [ 編集]

夢枕獏というと高校生の時に「キマイラ吼」と「闇狩り師」というシリーズ物を読んでみましたが、続きを読もうという根気が続きませんでした。

僕の今のお薦めは「男たちは北へ」です。
http://www.e-hon.ne.jp/bec/SA/Detail?refShinCode=0100000000000019594039&Action_id=121&Sza_id=C0

  • 2008/10/01(水) 22:25:51 |
  • URL |
  • 白虎 #viJFocrc
  • [ 編集]

この本、私の本棚にも有りますけど、それなりに面白かった記憶が有るのか無いのか、余り印象に残っていません。折角の機会なので読み返そうと思います。

山を舞台にした小説だと、谷甲州の「遙かなり神々の座」とか「神々の座を超えて」は好きでした。

我が家の娘も幼い頃は、パパ大好きって言ってくれたものですが... ...

  • 2008/10/01(水) 23:00:14 |
  • URL |
  • あまぐり #sKrPMa7Q
  • [ 編集]

僕も以前読んだはず!ですが、記憶にありません。

  • 2008/10/01(水) 23:59:42 |
  • URL |
  • ドクター #-
  • [ 編集]

>うらねーむさん
微妙です。
非常に微妙な本でした。
続きが気になるんですがどんどん重くなりましたw

>白虎さん
ぬぉぉぉ!!!!
メチャクチャおもしろうそうな本じゃないですか!!!
早速ポチッ!とします(^_^)
いつも良い情報ありがとうございます♪

>あまぐりさん
先日読み終わったばかりの私も
おもしろかったのかおもしろくなかったのか。。。

教えていただいた本ググってみました♪
読んでみます~。ありがとうございます!!

>ドクター
皆さん記憶から消えてますね(笑
私も覚えていられる自信がありません(^_^)

  • 2008/10/02(木) 07:30:05 |
  • URL |
  • yu-jin #-
  • [ 編集]

こんなのはどう?

ちょっと違うかもしれないけど、去年読んだ沢木耕太郎さんの「凍」という本はなかなかよかったよ。
この間熊にかまれた登山家の山野井さんの話なんだけど、久しぶりに読んだ山関係の本で、続けて山野井さん自身が書いた本も読んじゃいました。
よかったらお勧めです。
どちらも図書館で借りました。

  • 2008/10/04(土) 22:17:02 |
  • URL |
  • こん #-
  • [ 編集]

>こんさん
メモメモ・・・・
本屋で探してみます~♪
ありがとうございます(^_^)

  • 2008/10/06(月) 07:31:21 |
  • URL |
  • yu-jin #-
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://charijin.blog64.fc2.com/tb.php/10-d3bb6a00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。