週 末 自 転 車 日 記 2

せめて人並みに。楽しく楽しく♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『本』 流星の絆

HI3A0077.jpg


著者 東野圭吾

会社の人が貸してくれました。
え~~感想というよりも酷評??

最悪。
ボクの好みに合わないだけなんでしょうか?
なんでこれがドラマ化?
全国から感動の大反響・・・・・・?マジ??

最近読んだ本の中では最悪の出来ですね。

以下ネタバレの為反転。

犯人がその人ならば
あらすじ全然関係ないじゃねぇかよ!!!!


と思う。

妹の恋心が云々書かれていますが、それすら話の本筋や結末には関係ないと思う。

要は

ギャンブル大好きな父親が殺された。
んでスレた兄弟詐欺グループが金持ちをだまそうとして
近づいた世間知らずでウブなボンボンの父親が
両親を殺された日に見た人物だった。
確固たる証拠もないのにその人物が両親を殺したと思い込んで
証拠を捏造してえん罪に陥れようとした。
でも失敗した。
んで云々・・・・

って話だと思う。

設定もありがち。
途中まで読んだら(ってか最初からか)父親が犯人じゃないって分かる。
作者やる気無い??もう少し捻った方がいいんじゃない?

ってか恋に落ちるまでの描写がほぼ無い
著者にとっては重要な事なんでしょ?
もう少し丁寧に書きなよ!って思う。
全体にいえるけど。

流星の絆
なんの“絆”?????

ぼくの中では駄作

ってかこの著者の本結構読んだけどハズレ多いなぁ~
ボクの嗜好にあわないのかしら。
もう読まない

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://charijin.blog64.fc2.com/tb.php/27-9766534f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。