週 末 自 転 車 日 記 2

せめて人並みに。楽しく楽しく♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

僕達の糸魚川ファストラン2012

【東京→糸魚川ファストラン・クラシック2012】に参加しました。
諸々の事情から今年しかない!と考えていました。
桐生に住む友人宅に途中一泊して一人で行くかな。。。
とか考え始めていた時期に我らがエースYDさんから
「でませんか?」ともの凄い有り難いお誘いを受けました。
「妻に確認をとってから御返事させてください。」
とお返事しましたが、実は。。。
無許可で「出ます!」と返事しちゃいましたw
OKだしてもらいましたけどね(^ー^v

300kmという未知の領域。
普段走る120km程度とはレベルが違います。
・・・出ますと返事をしたものの完走できるか不安。
ブルベの人たちからすると恵まれた状況だし
距離もまだまだなのでしょうが
一般人からすると正直「ばかじゃないの?」と疑われる感じ。

山梨笛吹市石和。
朝2:00起床
さみぃ。。。
IMG_0539.jpg

気温10℃
クラフトの長袖インナーにアームカバー。
クラフトのベストでちょうど良い感じ。

3:55スタートだったので2:40に仲間とホテル前に集合して出発。
IMG_0540.jpg
集合場所につくと自転車乗りがウヨウヨしてましたw

受付を済ませて早いスタートグループを見送ります。
「行ってらっしゃい!」「行ってきます!」
声をかけるほうも受ける方にも気持ちがこもります。

我々のチームからはYDさんモトヒデさん・リトルさん・OTさん・HAGさん・KBT48さん・僕
の7人が同じスタート時間。
緊張でチビリそうになりながらスタート地点に並び。時間を待ちます。

わくわく。
ドキドキ。
ハラハラ。
なんか凄いw

「スタート!」
の号令と共に出発。

YDさん。
やっぱはえぇ~~~。
背中を見たのはスタート地点から300m位まででしたかねw

タイムを狙わない我々は「みんなで目指そう」とスタート前に声をかけていたので
トレインを組んで走ります。
走りだすと直ぐに夜が開けてきました。
IMG_0547.jpg

南アルプスが目に入ります。素敵です。
後ろを振り向くと富士山見えます。素敵すぎます。

しばら~~~~~~~~っく20号線を北上します。
100km位。釜無川沿いです。ず~っと1%位の登りです。
道幅は広いのですが恐ろしいスピードで走るトラックや
煙幕か!!って排気ガスに恐れながら走ります。

思えば最終的に一番つらかったのは距離ではなく排ガスでした。
途中から呼吸が苦しくなりまた大きく息をすると胸が痛くなるようになりました。
(しばらく治りきらない風邪の影響もあるかもしれません)

ハッキリと言ってこのトレインかなり足の差があります。
僕の中での作戦は足のあるKBTさん・モトヒデさんに沢山引いてもらって
僕は後ろでペースメイク&フォローって感じでした。
が。最初から最後までほとんどの区間モトヒデさん引いてくれましたね。感謝。
モトヒデ・KBTさんの両名が本気で走りきろうとすると
他の人は10kmと持たないと思ったので最初からペースを作りました。
どうしても上り坂でペースが上がるので
「ペース上がってる!1.5倍になってるよ」「抑えて!!」
「あげるな!!!」
鬱陶しいと思われたかもしれません。
がみんなで走り切るためですお許しを。

巡航ペースは120w程度。
平地で30km/h程度でしたかね。
登りにいたってはもう止まりそうな感じw
完全にクロスバイクのサイクリングペースです。

平和に淡々と。。。平和に。。。
コースも心配でしたが杞憂でしたね。
事前に何度も地図を見ていたので迷う箇所はありませんでした。
諏訪湖を抜けて若干のショートカットコース@激坂をクリアし。
のんびりとしたペースで塩尻峠をパス。
塩尻峠。。。あまりにもあっけなくて峠と思わなかった。

でCP1到着。
IMG_0552.jpg

20分前にスタートしていたチームの仲間と会えて見送った。
僕らも直ぐに出発。
下りきって20号の終点を右折して19号に乗り換え。
補給食が怪しかったのでコンビニで休憩。

19号に入ってから松本を抜けるまではかなりストレスの貯まる区間でしたね。

暫く行くと犀川沿いを走れます。
とても素敵な道でした。
写真は撮れませんでしたが記憶しました。
素敵な川沿いをずっと北上します。
間違えやすそうなポイントには誰かしらが待ってて下さって誘導してくれました。

そんな素敵な道沿いでCP2大岡特産センター。
IMG_0556.jpg

バナナとおにぎり美味しかったな~。
思えば固形物を胃が受け付けたのはここが最後でしたね。
暫く休んでスタート。

私は休むと駄目みたいです。
暫くは足が動かなくなります。
走り続けるってのも手かもしれません。

また長野市内に入りしばし休憩。
。。。足動かないよ~。
でここから推奨ルートではないコースを選択。
田子池だっけかな。県道60号線を選びました。
これは大失敗。推奨ルートとさほど変わりはないと
思っていたアップダウンも思い違いで塩尻峠よりも
余程キツイ登りが待っていました。
すいません。。。

18号線に戻り登ってると前方に麗しい女性の後ろ姿が見えます。
・・・どうも見覚えがありますが(?_?;;
随分と弱ってるようです。
私の知っている鉄人(失礼)ではないようにも思えます。
違うかな~。。。と思ってると後ろにいたKBTさんから
あ!あれ●●さんじゃん!?と。

声をかけるとどうも電池切れの様でしたね。
ずっとお一人で走られていたようでさすがの●●さんも弱っていたようです。
前週に400km走っていて足も痛めているという事を聞いていたので心配したのですが
CP3も近いのでそこまで行けば大丈夫だと思うと仰ったので一安心。
気持ちも折れていない様でした。ほんとにハートの強いお方だと思います。

程無くCP3到着。
IMG_0559.jpg

CP1であった前走グループにもまた会えました(^ー^b
ここまで200km。さすがに皆さんからも疲れが見えてきましたね。
暫く休んで●●さんもそちらのグループに合流してスタート。

我々もあまり休みたくないので直ぐにスタート。
CP3なのですがゴールまではまだ100km近くあります。
走りだして暫くはアップダウンがありましたが
野尻湖のあたりから豪快な下り坂のスタートです。
巡航スピード50km/h弱。
雪国なので路面は悪いので注意が必要ですが最後で
この足を休められる区間は嬉しかったですね。

下り途中だったので写真はありませんが
「日本海まで38km」って標識。
これは嬉しかったですね~。
涙が出そうでした。

ソロソロ下り区間も終わりかな~。という感じの箇所で
別グループの二人組に追いつきました。
平地に差し掛かるし速度差もあまりないので後ろに着こうかね。
という雰囲気だったんですがなぜか仲間の一人がアタック

お~い。何をする~~??(ι´Д`)ノ

でトレイン崩壊&僕の気持ちも崩壊w
その後なんだか体も動かかなくなりダウン。

18号線から8号に乗り換えて
残り50km弱。ってところで
あ~体動かねぇ~。。。。
てDNFもよぎりました。
100wも出やしねぇ。
最後の休憩で

元気ハツラツでもするかな。
IMG_0561.jpg
ピントあってねぇし。。。w

ってこれが大成功。
再び走りだして5分もしたら復活。
ここからは追い風も相まって快調に走れました。
モトヒデさんがずっと引いてくれたおかげだけどね。

日本海が見えた瞬間はたまんなかったな~。
モトヒデさんとリトルさんが前にいる位置で
走ってたんだけどリトルさんが海!って指をさした時に
「ここまで一緒に走ってきた」
「同じ気持ちでいるんだな~」
って実感しましたよ。

そこからはもう気持ちはパレードランでしたね。
日本海に沈みゆく太陽を見ながら糸魚川へ。

最後148号線の看板が見えた時は
もっと走りたい気分でした。
この時間がもっと続けばいいのにって

300km走ってるのにね(^ー^

そして6人そろってゴール!

滅茶苦茶達成感ありましたね。

そして毎年参加される方の気持ちわかりました。
これやみつきになりそうですよ。

レースともブルベとも違うものなんだと思います。
勿論ソロで走るのとは全然違う気持ちですね。

そして乾杯。
IMG_0566.jpg

うまかった~。

チームの皆さん。
みんな笑顔で完走できたことがほんとに素晴らしく
このイベントに参加させていただいて一番嬉しかったことです。
ありがとうございました。


最後になりますが
大会を運営されている方々に感謝の気持ちでいっぱいです。
ありがとうございました。

みんなに「今年が最後」って言いましたが
また出たい。。。この気持ちどうしよw

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://charijin.blog64.fc2.com/tb.php/451-c39f08e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。